ポール・マッカートニー、神様を見たという不思議体験告白

twitterより

twitterより
Paul McCartneyのtwitterより

イギリスの「ビートルズ」のポール・マッカートニーが、神様を見たという不思議体験を明かした。

現在76歳のポールは1960年代にドラッグをやっていた時に高次元と遭遇するという体験をしたとのこと。ポールは「サンデー・タイムズ」紙に「ギャラリーのオーナーのロバート・フレイザー、僕、そのほかに数名がいたね」「すぐにソファに張り付けられた感じになったよ。それで、僕は神を見たんだ。素晴らしいタワーみたいなものをね。謙虚な気持ちになったよ」「巨大だったんだ。先が見えない巨大な壁で、僕は一番下にいたんだ。みんなドラッグのせいで、幻覚だったって言うけれど、ロバートと僕は2人共『今の見た?』って感じだった。何か高尚なものを見たと感じたね」と告白。

さらに「両親、リンダ(元妻)を失って、親しい人が亡くなる経験をすると、こういうことをよく聞くんだよ。誰かをとても寂しく思う時にね。彼らは言うんだ。『彼ら(亡くなった人たち)はここにいる。あなたを見下ろしているよ』ってね。その証拠なんてないって思うよ。でも、どこかそれを信じたいって思う自分もいるんだ」と話している。

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。