【実写版ピカチュウ】期待の俳優ジャスティス・スミスって誰?

instagramより

instagramより instagramより

映画『名探偵ピカチュウ』って?

ハリウッドがとうとう日本が誇るポケモンの実写版を製作することになりました。それは『名探偵ピカチュウ』(原題:Detective Pikachu)です。この作品は任天堂3DSのゲーム「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~ 」をもとに作られる予定で、『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズがピカチュウ役に抜擢されています。声を担当するようです。『テッド』のような感じになるのでしょうか?

ストーリーはティーンエイジャーのティムが誘拐された父を探し出すためにピカチュウとチームを組むところからスタートするそう。そして、このティム役をジャスティス・スミスが演じます。私はジャスティスのお父さんに会ったことがあるので、そのストーリーは後半に。笑

このピカチュウはゲームの公式ページによると、「人間の言葉を話し、憎まれ口を叩いて、コーヒーが大好き! さらに頭がキレる自称「名探偵」!? おせっかいなのに偉そうなピカチュウが、表情豊かに人間の言葉をしゃべる姿は、まるでおっさんみたい」という説明。ライアンにピッタリな役ですね!

ジャスティス・スミスって?

ジャスティス・スミスは1995年8月9日、ロサンゼルス生まれの現在23歳のアメリカ人。

アフリカ系アメリカ人の父とイタリア・フランス系カナダ人の両親にもとに生まれ、8人兄弟姉妹だそうです。個性的で魅力的なルックス、身長は178cm。

ジャスティスは2012年から俳優としてのキャリアをスタート。2016年からNetflixのドラマ「ゲットダウン」で主演を務め、クリス・プラット主演のハリウッド最新作『ジュラシック・ワールド 炎の王国』にフランクリン・ウェブという新キャラクターで出演しています。次の『All the Bright Places』という作品ではエル・ファニングと共演する予定です。


ジャスティスのお父さんに会った

Justice Smithさん(@standup4justice)がシェアした投稿

ジャスティスのお父さんに会ったのは私がロサンゼルスで配車サービス「Uber」を呼んだ時。ドライバーさんがジャスティスのお父さんでした!

「Uber」については、こちらに書きました→【UBERとLYFTを解説】海外に行くなら便利すぎる配車アプリをゲットするべき!

最初は陽気なおじさんだなと思ったんです。私が日本人だと話すと、おじさんはミュージシャンでバンドを組んでいて、「日本でツアーをしたことがあったよ」「君の国は大好きなんだ」ずっと日本の話をしていたんです。その後、「息子が俳優として活躍しているんだよね」と話し始めました。

もちろん、かなりナチュラルで謙遜的に。「『ゲットダウン』に出ていて、今度『名探偵ピカチュウ』に出るジャスティス・スミスっていうんだけど……」と!

私は思わず、「知ってる!」「あなたの息子日本でも間違いなく有名になるよ!」と言ったんです。

そしたら、お父さんは大喜びで、「息子に電話をかけてもいい? 息子と話す?」と聞いてくれて、電話してくれました。しかし、さすがに朝8時だったせいか、ジャスティスは電話に出ず、留守電にメッセージを残しました。お父さんは「こんな子を今、乗せているんだ。お前、日本で有名になるってさ!」という感じで。

あとでジャスティスのインスタグラムを確認したら、父の日にお父さんとのツーショット写真が載っていました。やはり本物のお父さんでした! 結構パパ似ですけどね。インスタグラムではフランス語も載せているので、語学が堪能そうです!

あと、ラファエラさんという美人なガールフレンドもいるようですね!それにしても、とても貴重な経験になりました!どんどん活躍していくのがたのしみです!

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。