【興行収入低迷】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見てこう思う

via Star Warsのtwitterより

via Star Warsのtwitterより
Star Warsのtwitterより

映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品第二弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。アメリカでは5月25日に公開で、日本よりも1か月先にスタートしています。

『スター・ウォーズ』が大好きな私は、『スター・ウォーズ』の大ファンのアメリカ人の友人と見にいきました。

『ハン・ソロ』はアメリカでは興行収入が伸び悩んでいて、評価もあまり高くないようです。huffingtonpost.jpは2週目で興行収入が65パーセント減まで落ち込んだと伝えています。

これがキャストたち!

ハン・ソロ オールデン・エアエンライク
トバイアス・ベケットウディ・ハレルソン
キーラエミリア・クラーク
ランド・カルリジアンドナルド・グローヴァー
チューバッカヨーナス・スオタモ

あらすじ

時系列では『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』よりも前の話で、若きハン・ソロが惑星コレリアを抜け出し、相棒チューバッカらと出会って冒険をスタート。友人ランドとミレニアム・ファルコンとの出会いも描かれています。

キャストについて思う率直な意見

ハン・ソロ役オールデン・エアエンライク:

ハン・ソロはハリソン・フォードのイメージが強すぎます。ハン・ソロがルークやレイアと一緒にいた時に高身長なのが目立っていたので、最初は身長の低さが気になってしょうがありませんでした。私らしいところに目をつけてしまったと言いますか……ハリソンが身長185cmなのに対して、オールデンは176cmなんです。最初はずいぶん小柄なハン・ソロだなと思いました。オールデンは話し方や仕草をとてもハン・ソロに似せていました。

キーラ役エミリア・クラーク:

「ゲーム・オブ・スローンズ」でデナーリス・ターガリエンを演じるエミリア。オールデンが小柄だと気付いたのは、エミリアが157cmだからです。キーラはキュートで可愛らしく、個人的にとても好きでした。終始ミステリアスで、この子のストーリーがもう少し知りたいなと思いました。

ランド役ドナルド・グローヴァー:

今作で最も評価の高いドナルド。一緒に映画を見に行ったアメリカ人の友人が「話し方や声がオリジナルのランドそっくり!」と大絶賛していて、かなり研究したのではと思います。ドナルドの評価がかなり良いので、次はランドのスピンオフも期待できるのではないでしょうか。

ここから見どころや個人的な映画の感想を紹介します。少しネタバレになります。何の固定概念もなく見たい人はここから下は読まないでください。

見どころ

この映画の見どころはミレニアム・ファルコンです!ミレニアム・ファルコンでハン・ソロたちが逃げるシーンはこれまでの『スター・ウォーズ』シリーズで最もワクワクする宇宙船のシーンだと思いました。ハン・ソロは『新たなる希望』でミレニアム・ファルコンに乗って、どんな難しい操縦をしてきたか語るシーンがあるのですが、まさにそのシーンが見れるんです。

あと、チューバッカとの出会い、どのようにして親しくなっていったのかを見ることができ、ハン・ソロとチューイーの絆の強さが分かります。実は私、大きくて、恐ろしい声を出すチューバッカのことがあまり好きではなかったのですが、今作を見て好きになりました!

この映画はハン・ソロが主役なので、ライトセーバーやジェダイは出てきません。それが『スター・ウォーズ』らしくないと言えばらしくないかもしれません。

さらにアニメシリーズを見ている人はもっとたのしめるので、アニメシリーズを見ている人にしか分からない繋がりを発見できます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とどっちがいい?

via Star Warsのinstagramより
Star Warsのinstagramより
シリーズのスピンオフ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『新たなる希望』の直前の反乱軍の壮絶な戦いや想いが描かれていて、圧倒された作品でした。新しいキャラクターばかりが登場したのにもかかわらず、映画を通してキャラクターに感情移入し、『新たなる希望』につながるストーリーだと思うとオリジナルに対する想いが強くなりました。最高のスピンオフのスタートだったと思います。個人的には『ローグ・ワン』は昨年公開されたエピソード8『最後のジェダイ』よりも好きだったので、『ハン・ソロ』が『ローグ・ワン』以上の満足を得られたとは感じませんでした。

というのも、すでに実在している人物を描くというのは難しいからです。オリジナルキャストのイメージが強いですし、キャラクターを台無しにせずにストーリーを展開するのは簡単なことではないからです。今後、オビ=ワン・ケノービが主役のスピンオフなどが予定されていますが、ディズニーは今回の『ハン・ソロ』の評価を受けて、製作を進めていくことになりそうですね。

 

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。