【6月はプライド月間】セレブたちもサポートするLGBTって?

pexlesより

pexlesより

LGBTって?

LGBTとはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字からとって名付けられたセクシャルマイノリティーの人たちの総称。最後にQのクィアをつけてLGBTQとも呼ばれています。

6月はプライド月間で、各地でLGBTのイベントが行われています。だんだん日本にもLGBTという言葉が浸透し、イメージカラーはレインボーとなっています。アメリカでは同性婚が認められて、昨年はオーストラリアでも同性婚が認められました。



pexlesより

LGBTをサポートするセレブたち

LGBTへのサポートに特に力を入れているセレブとして知られているのは歌手・女優のマイリー・サイラス。2014年にチャリティー団体「The Happy Hippie Foundation」を設立しており、今月5日にインスタグラムに「ハッピー・プライド」とレインボーの画像をアップしています。

また、「ワン・ダイレクション」でソロ活動をするハリー・スタイルズは今月、メキシコで行ったコンサートでレインボーの旗とメキシコの旗を持って、サポートを示しています。さらにテイラー・スウィフトも今月行ったコンサートで「社会から逆境があるかもしれないのに、自分の気持ちや誰を愛するかということに正直になることはもっと勇気のいることです」とLGBTのコミュニティーの愛とリスペクトを送りました。

@harrystylesがシェアした投稿

同性愛を公表するセレブたち

司会者のエレン・デジェネレス、俳優のマット・ボマー、ニール・パトリック・ハリス、イアン・マッケラン、ザカリー・クイント、ウェントワース・ミラー、女優のジョディー・フォスター、歌手のリッキー・マーティン、サム・スミス、アダム・ランバート、日系では歌手ヘイリー・キヨコや俳優のジョージ・タケイが同性愛を公表しているほか、正式にカミングアウトはしていませんが、女優のクリステン・スチュワート、モデルのカーラ・デルヴィーニュ、ステラ・マクスウェルらが女性と交際しています。

LGBTの友人

個人的な経験 レズビアン、ゲイ、バイセクシャルの友達がいて、私の中では当たり前のことのように感じています。私は昔から“戦争という名のもとで人を殺すことは許されるのに、なぜただ人を愛することがいけないのか”と言ってきました。人を愛することにマイナスなことはないですよね?いつか日本でも同性婚が認められてほしいと心から願っています。

次回はLGBTをもとにした映画を紹介します。

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。