【スピルバーグ監督】『E.T.』のロケ地に行ってみた!

(c)kogala

1982年にスティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画『E.T.』が大ヒット。たぶん知らない人はいないほど、映画の名作ですよね。今回はそんな『E.T.』のロケ地に行ってみたので、紹介します。

ロケ地はこちらのサイトを参考にしました↓
Filming Locations: E.T. The Extra Terrestrial (1982)

自転車のシーンの動画を先に見ると、より比べることができると思います。

E.T.パーク

その名もE.T.Park。Googleで検索すると、E.T.Parkって出てくるんですよ。この毛虫の乗り物は今も現存しています。公園は映画の時よりも周りが木に囲まれていました。

(c)kogala
(c)Kogala 写真の著作権はすべて当サイトkogalaにあります。無断で使用することは禁止しています。
アスレチックスも増えています。E.T.Parkとか、E.T.関連のことは公園には何も書いてありませんでした。かなり小さな公園でしたよ。

(c)kogala

(c)kogala

こちらがE.T. ParkのGoogle Mapです。

自転車で逃げるシーンの住宅街

35年以上経つと雰囲気が違うのであまりピーンとこないかもしれないですが、子供たちが自転車で逃げるシーンに使われた場所です。映画の頃よりかなり青々しく見えます。季節のせいなのか、それとも映画の撮影中は開拓中だったからか、ずいぶん華やかになりました。綺麗な住宅街です。

(c)kogala

自転車で飛ぶ名シーン

ここで、あの自転車で飛ぶ名シーンが撮影されました。場所はポーター・ランチという街で、とても綺麗です。ロサンゼルス市街と比べると自然や山の多い場所で、道も広くて気分がウキウキします。

(c)kogala
(c)kogala

E.T.ハウス

エリオットの家です。こちらもGoogleで検索すると、E.T.Houseと出てくるので、ちゃんと住所が史跡として登録されています。人が住んでいるようで、写真撮るのは抵抗あったんですが、Googleにも口コミレビューがあったので、人がよく訪れているようです。隣の家の人がちょうど帰ってきて、私のことを見ていたので、「あれがあの『E.T.』のですか?」と聞くと、「そうよ!」と答えてくれました。『E.T.』の撮影がされた家に住むってどんな気持ちなのでしょうか。

(c)kogala

こちらがそのE.T.HouseのGoogle Mapです。

感想

『E.T.』をしばらく見ていないので、すごくピン!と来るわけではなかったですが、35年も前にここで『E.T.』の撮影が行われていたのかと思うと心が高鳴りました。35年前と比べて、かなり青々しくなった印象です。ロケ地は映画好きにはたまらないです! 特に、80年代の映画は何回見てもおもしろいし、アイコニックです。

ほかの映画のロケ地もまわりたいので、また紹介しますね!

SPIRAL E.T. iphone ハード ケース カバー iphone7 iphone8 iphone6 iphone6s 対応 イーティー スパイラル 総柄 アイフォン ケース おもちゃ 映画 キャラクター 原宿 アメリカ インポート ユニバーサル モバイル アイフォン7 アイフォン8 イラスト

 

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。