【日本だらけ】全米大ヒット『レディ・プレイヤー1』は新感覚だった!

twitterより

twitterより
ワーナー・ブラザーズ・ジャパンのtwitterより

あらすじ

ロサンゼルスに遊びに来てくれたアメリカ人の友達が映画が見たいと行ったので、私はストーリーの内容を何も知らずに『レディ・プレイヤー1』を見ました。監督がスティーヴン・スピルバーグというのも知らずに。

舞台は2045年のアメリカ。荒廃した街で暮らす人々がVRの世界「オアシス」という仮想現実の世界に入りこみ、プレイをするという時代。プレイヤーはアバターや名前を選び、現実の世界とは別の自分としてプレイをします。そして、そんな「オアシス」の創設者ジェームズ・ハリデーが亡くなって、「オアシス」に眠る3つの謎を解いた人に全財産56兆円と、この世界が与えられるというゲームがスタート。17歳の主人公ウェイドが仲間と共に最大のゲームに挑むというストーリーです。


キャスト

ウェイド:『X-MEN』シリーズでサイクロップスを演じる21歳のタイ・シェリダン
アルテミス:イギリス人女優の24歳オリヴィア・クック
トシロウ:ミャンマーで生まれた日本人の27歳の森崎ウィン 英語がとても上手でした!
アノラック:映画『ブリッジ・オブ・スパイ』(16)のマーク・ライランス
さらにショウという子が登場します。

マーク・ライランスだとは気づかなかったのですが、マーク・ライランスしか知りませんでした。そのため、キャストに対する固定概念なく、映画を見ることができたと思います。
■映画『レディ・プレイヤー1』予告1【HD】2018年4月20日(金)公開

日本びいきで驚いた

ゲーム好き、映画好き、アニメ好きにはたまらない映画だと思いました。そうじゃない人でもたのしめる映画です。最初、荒廃した街のシーンから始まったので「え?『ハンガーゲーム』。『ダイバージェント』っぽい」と感じてしまい、そういう展開になっていくのかなと不安になりました。それはストーリーを知らなかったので。

SF映画ってだいたい同じような作品が最近多いと感じるのですが、仮想現実「オアシス」の世界観が新しい。ゲームの中なんだと感じさせるコインを集めるところやアイテムをゲットするところも今までの映画とは違うなと感じたところです。映画を見ているのに、ゲームを見ているような感覚。

原作の「ゲームウォーズ」も知らないし、内容も知らずに見たので、なつかしい映画やアニメがたくさん出て来て楽しくなりましたガンダムやゴジラも登場し、日本ばかりで本当に嬉しかったです。これは続編が製作されることが期待できそうです!

これは設定なのかもしれないですけど、悪役が本当に今までハリウッド映画に出て来た悪役って感じの悪役でした。笑

日本公開

日本は4月20日の本日公開スタート。正直、数日前まで日本で公開されることを知りませんでした。

というのも、キャストが有名でない作品は『スター・ウォーズ』でもない限り、日本では公開未定というイメージがしたからです。

見終わったあとに「日本人が見たら喜ぶだろうな」と思いました。てっきり、すぐには公開されないだろうと思っていたんですが、監督がスピルバーグなだけあって、やはり日本にも上陸。

日本人ならかなりエンジョイできる映画だと思います!

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。