【1位はどこ?】アメリカでも最も危険な都市トップ10

pexelsより

pexelsより

自由の国アメリカ。世界で最もGDPの高い経済大国ですが、日本やヨーロッパに比べて貧困率や犯罪率が高いです。銃規制を訴えるデモが各地で行われている中で、今も多くの人が銃をサポートし、銃を持つことこそが「身の安全を守ること」だと考えている人が多くいます。これは私にとってとても疑問なんです。なぜなら、先進国は本来ならば、内戦などなく、国民が銃で自分の身を守らなくてはいけないと感じるような環境ではないと思うからです。

以前、ブログで「【日本は何位?】世界で最も危険な国ランキング【トップ163】」を紹介し、アメリカが50位、日本が154位にランクインしたと紹介しましたが、今回は経済誌「フォーブス」が掲載したアメリカで最も危険な都市を紹介します。

Pexelsより
都市デトロイト pexelsより

アメリカで最も危険な都市ランキング10

1位:ミシガン州デトロイト 暴力的な犯罪率10万人に対して2137件
2位:ミズーリ州セントルイス 暴力的な犯罪率10万人に対して1857件
3位:カリフォルニア州オークランド 暴力的な犯罪率10万人に対して1683件
4位:テネシー州メンフィス 暴力的な犯罪率10万人に対して1583件
5位:アラバマ州バーミングハム 暴力的な犯罪率10万人に対して1483件
6位:ジョージア州アトランタ 暴力的な犯罪率10万人に対して1433件
7位:メリーランド州ボルチモア 暴力的な犯罪率10万人に対して1417件
8位:カリフォルニア州ストックトン 暴力的な犯罪率10万人に対して1408件
9位:オハイオ州クルーブランド 暴力的な犯罪率10万人に対して1363件
10位:ニューヨーク州バッファロー 暴力的な犯罪率10万人に対して1238件

昔、ロサンゼルスで日本人観光客っぽい人たちがガイドブックを見ながら、夜7時くらいにバス停で待っている姿を見て、友達と車で通り過ぎながら、「危ないね」「乗せてあげたいね」と話していたことがあります。

アメリカはとても広いですし、自然もいっぱいで、素敵なところもたくさんあります。次はアメリカの素敵なところを紹介しますね!

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。