【コメディーなスパイ!】海外ドラマ「CHUCK/チャック」が良い意味で期待と違った

Dlifeのtwitterより

Dlifeのtwitterより 画像:Dlifeのtwitterより

『007』シリーズなのかな?と期待したけれど……

2007年から2012年までアメリカで放送されたドラマ「CHUCK/チャック」。「国家機密、スパイ」というドラマの紹介を見て、『007』シリーズのようなドラマかも!と思って見始めました。

しかし、少し違ってました。

あらすじ&見どころ

大学を中退した平凡で“普通の男性”チャックが、国家機密を記憶させられてスパイに。チャックが記憶した国家機密を元に国の危機を救っていくんですが、チャックの冴えなくてドジなところがスパイらしくなくて可愛いです。登場人物はほかにもいて、チャックを守りながらスパイ活動をするサラとケイシーのおかげで国の危機を救えます。普段のチャックは電気店「バイ・モア」の店員。「バイ・モア」で起こる同僚たちとの出来事がハチャメチャで笑えたり、ホッコリしたりできます。

キャスト

主人公チャック:ザッカリー・リーヴァイ。最近ザッカリーは『マイティ・ソー』シリーズでファンドラル役を演じています。

美人CIAエージエントのサラ:イヴォンヌ・ストラホフスキー

NSAの凄腕エージェントのケイシー:アダム・ボールドウィン

あのイケメン俳優も登場!

 

Matt Bomerさん(@mattbomer)がシェアした投稿

国家機密を意図的に記憶させたのは、かつてスタンフォード大学で一緒だったスパイのブライス(「ホワイトカラー」のマット・ボマー)。たま〜に出てくる超イケメンなんですが、それも楽しみです! 新シーズンでチャックとサラの恋の行方が気になります。

無料BSテレビ局Dlifeで私は見ているので、BSある方はぜひ! 以下はシーズン1の予告編

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。