美肌ジェニファー・ロペスのフェイシャリストが明かす、【やってはいけない4つのこと】

instagramより

48歳で美肌を保つジェニファー・ロペス

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿

48歳で美しい肌を保つジェニファー。いつも肌が輝いています。私は以前、アンバー・ハードの美肌の秘けつを紹介しましたが、ジェニファーもハリウッドでトップクラスの美肌の持ち主だと思います。若々しいですよね。→ハリウッドNO.1の美肌?アンバー・ハードの美の秘けつを紹介

今日、たまたま「デイリー・メール」紙が載せたジェニファー・ロペスのフェイシャリストのニコラ・ジョスが語る「やってはいけない4つのこと」を読みました。結構「やってしまっているかも!」と思ったので、紹介します。

1:正しくクレンジングしていない

正しくクレンジングしないと詰まりや吹き出物の原因となり、pHレベルのバランスが崩れるとのこと。健康な肌は弱酸性に保たれているそうです。(pHは酸性やアルカリ性を判別する数値)

ニコラは汚れを取ってから、2度目のクレンジングをすると明かしています。

2:化粧水を忘れる

ニコラは「(化粧水は)肌をクリーンにするため、pHレベルの維持のために最も大切なエレメンツの1つです」とコメント。化粧水は肌をリフレッシュさせて、バランスを持たせてくれて、クレンジングを取り除いでくれる効果があると話しています。

3:メイクのしすぎ

最近の20代の子はメイクのしすぎだというニコラ。「最も大切なことはすべてメイクを取って、優しく角質除去を行うことです」「メイクのしすぎは詰まりや吹き出物を引き起こします」と語っています。

4:スキンケアルーティンを急ぐ

家に帰ったらすぐに汚れをとって、アンチエイジングのような商品をできるだけ浸透させるようにすること。この最初のステップを夜の早い段階で行い、3時間から4時間置くのが重要だそうです。というのも、その3時間から4時間で家事をして、テレビを見る時間があれば、血液が循環するのだとか。そして、夜寝る前にオイルマッサージを行うと肌にしっかりと浸透するとニコラは明かしています。

私はあまりしっかり汚れを落とすようにクレンジングしていないので、これを読んでしっかりやろうと決めました!

アイキャッチ画像instagramより

オーガニックコスメ

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。