【日本でも流行りそう!】出産前パーティーのベビーシャワーって?

(c)pexels

Baby Shower!

(c)pexels最近、日本でもベビーシャワーが知られて、カジュアルにやる人が多くなったように思います。私も今日、友達と2人で女の子を妊娠している友達の“ベビーシャワー”を行いました。実際のベビーシャワーとはちょっと違いますけれど、お祝いしたい気持ちを表すために。写真はその時に撮ったカップケーキです。 (c)kogala さて、今回はその出産前のパーティーBaby Showerについて紹介します。(babycenter.comより)

誰が計画するの?

昔は家族がベビーシャワーを開くことは悪いマナーだと思われていたとのこと。ベビーシャワーは生まれてくる赤ちゃんへのお祝いを持ってくるパーティーなので、家族が開催すると「お祝いください!」って言っているように聞こえるとか。でも、最近では家族、親しい友人、同僚がベビーシャワーを開催するようですよ。

いつ開催するの?

ベビーシャワーは予定日の1か月から2か月前に行うと良いそう。まずは妊婦さんに都合の良い日にちを聞いて、パーティーの2か月前にほしいものリスト(ベビー・レジストリ)を作るといいそうです。もちろんなくてもOK。

誰が招待されるべき?

親しい友人が企画するなら、妊婦さんが来てほしくない人はだいたい分かるはず?もし、遠く離れた友達や家族が参加できないなら、テレビ電話で話せると良いそうです。

パパはどうするの?

女性だけが参加するというのが伝統のようですが、パパと一緒にする人も多いそう。それだけでなく、パパのためのベビーシャワーをやる人がいるそうです。

2人目もやるの?

どうやら一人目の子供にやる人が多いようです。でも、1人目の子供と年が離れていたら、もう一度ベビーシャワーをやるのはOKらしいです。また、2人目の時は小さめのパーティーにして、ピクニックやパンケーキを作るなど、カジュアルなものに。お祝いも小さめのものだったり、または“お祝いなし”というのもアリなようです。でも、赤ちゃんの誕生は素晴らしいこと、お祝いしない理由なんてありません。

招待状は?

手紙でもEメールでも、ソーシャルメディアでもなんでもOKだそう。もし、日時や日程の他にパーティーのテーマがあるなら、それも記載。ベビー・レジストリがあるなら、その情報も載せるといいそう。招待状は4週間から6週間前に送るのがベストなようです。

何をするの?

●テーマを決めるとパーティーを計画しやすい
●予算にもよるが、行う時間帯に合った食べ物や飲み物を選ぶ
●おもしろいゲームを企画する
●ゲストに粗品を渡す、またはゲームの賞品があるとさらに盛り上がるかも

メインイベント

もちろんパーティーのメインはゲストからのお祝いを開けること。妊婦さんの素敵な笑顔が見れそうです!まだ、本場のベビーシャワーを体験したことがないので、いつか参加できたらいいなと思います。

ついでにセレブたちのベビーシャワーをちょこっと紹介

キム・カーダシアンが2人目を妊娠中にキャンプとパジャマがテーマのベビーシャワーを行いました。

こちらはヒラリー・ダフのお姉さんヘイリーのベビーシャワー

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。