【次に日本に来るかも?】独身最後のパーティーって何?

(c)pexels

独身最後のパーティーって?

(c)pexels

日本では最近、ハロウィン・パーティーを盛大に行うようになりましたよね。子供がトリック・オア・トリートをしなくて、大人が楽しんでるだけな感じがしますけど。笑 そして、次に日本に来るんじゃないかって思うのは独身最後のパーティー。映画『ハング・オーバー』シリーズを見たことがある人はなんとなく知っているのではないでしょうか。

アメリカでは女性の独身最後のパーティーを「Bachelorette Party(バチェロレッテ・パーティー)」、男性のを「Bachelor Party(バチェラー・パーティー)、イギリスでは女性のを「Hen Party(ヘン・パーティー)」、男性のを「Stag Party(スタッグ・パーティー)と言います。今回はアメリカの有名ライフコーディーネーターのマーサ・スチュワートが紹介するバチェロレッテ・パーティーのルール8つを紹介します。

まず、結婚式やパーティーの計画を中心に行うのはブライズメイドの中の最も親しい友人メイド・オブ・オナー。メイド・オブ・オナー次第で、どんなパーティーになるのか決まります。

1:時期

結婚式の1か月前に行う。イメージでは結婚式の前日ですが、さすがに大変なんですかね。近すぎず、早すぎずということで、マーサは1か月前をオススメしています。

2:ゲスト

花嫁に招待したい人を聞くこと。Eメールアドレスや電話番号を聞いて、結婚式に招待していない人は呼ばないこと。花嫁に未来の義理の姉妹がいれば、呼んであげると良いそうです。

3:内容

花嫁の性格や好きなことに合わせて計画してあげること。わからなければ、本人に聞いてみるといいそうです。本人が望むなら、ナイトクラブや“男性のアソコ”の形をしたグッズを用意して、羽目を外すのもいいと書いてありますが、日本人向きではないですよね。

4:予算

ほかのゲストといくらお金を出せるか話し合うこと。花嫁には払わせてはいけない。

5:ギフト?

ギフトは決して必要というわけではない。結婚前のパーティーとしてブライダルシャワーというのもあったりするので、プレゼントはここで渡したりしますよね。

6:招待状

最低でも2か月前に招待状を送ること。ここで日時や会費などをお知らせするそうです。

7:移動

移動手段を確保。リムジンや車サービス、パーティーのバスなど。みんな飲んだりするので、これは大事だそう。最低でも1か月前に予約

8:写真

花嫁にソーシャルメディアにどんな写真は載せてよくて、載せてはいけないか聞くこと。会社の上司や両親が見るかもしれないですからね。

ちなみにキルスティン・ダンストらが出演する映画『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて』(12)を見てみました。『ハング・オーバー』シリーズほどぶっ飛んではいないけど、はちゃめちゃな感じで、おもしろかったです。

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。