【日本語に訳しにくい】英単語3つ紹介!

(c)pexels

日本語でなんて訳せばいいの?

私は翻訳の仕事をしているんですけど、ときどき日本語に訳しにくい英語があります。微妙なニュアンスすぎて、会話の流れで「いいかな」って思う日本語にしています。

今回は私が葛藤する日本語に訳しにくい英語を紹介したいと思います。

1:Hang out

モデルのヘイリー・ボールドウィンがモデル仲間のジジ・ハディッドとケンダル・ジェナーについて語ったインタビュー。

「We don’t hang out that often! We’re all friends. We all have the same job, but we aren’t together that often, especially as a trio」

(私たちはそんなにhang outしないわ! 私たちはみんな友達よ。同じ仕事だけど、そんなに一緒にいないわ。特にトリオではね)

この上の文章の場合だと「遊ぶ」という意味で使えますね。「私たちはそんなに遊ばないわ」と訳すことができます。でも、Hang outって一緒に時間を過ごすこと全般に使うと思うんです。 だから、「Let’s hang out soon!(今度出かけましょう)」なんて訳すこともできると思うんですけど、家で友達と集まる時は「出かける」って使えません。でも「遊ぶ」って訳すと聞こえが悪い場合があります。例えば、恋人同士に見える人たちに「Are you guys dating?(あなたたちは付き合っているの?)」って聞いて、「We are just hanging out!」って返ってきたとします。それを「私たちはただ遊んでいるだけよ!」って訳したら、聞こえが悪いですよね。

2:Exclusive

このExclusiveは恋愛関係において、使う時がとっても訳しにくいと思います。 ゴシップサイトがリアリティースターのクロエ・カーダシアンとNBA選手のトリスタン・トンプソンのことを紹介した記事。

「Khloe and Tristan are doing really well. They are exclusive

(クロエとトリスタンは上手くいっています。彼らはexclusiveです)

Exclusiveは独占的という意味があって、この2人の関係はお互いにほかの人とデートしていない状態。私の感覚だと、「私たちは正式なカップルではないけれど、ほぼ正式な関係に近い」ということだと思っています。日本人の恋愛にはない言葉ですよね。

3:SisterとBrother

この2つ、訳すのが大変なんです。My sisterとかMy brotherと言われると、姉?妹?兄?弟?と思います。OlderとBig(年上の)、YoungerとLittle(年下の)が補足されていたら訳すことができるんですけどね。勝手に兄とか弟とかって決めるわけにはいけないんで、「私のブラザー」なんて訳したら、なんかヒップホップっぽいです。笑 「私のシスター」と訳すと修道女になってしまうので、姉なのか妹なのかはっきりしていないと訳せません! さらにMy siblingsなんて言われたら、大変です。siblingsは兄弟姉妹すべてを表す単語なので、訳しにくいなと感じます。

逆に英語に訳しにくい日本語とかもありますよね。また、日本語にしにくい英語シリーズ紹介しますね!

留学前の英語力アップを目指すなら【スパルタ英会話】

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。