【感想】『健康って何?』を観たら食生活が変わった

(c)kogala

最新更新日

Behati Prinsloo instagram

今、アメリカでは「健康って何?(What the Health?)」というNetflixの健康ドキュメンタリー映画が注目されている様子。

私のアメリカ人の友達がツイッターで「私はヴィーガンになる!」「What the Healthを見てみて!」とつぶやいていたのがきっかけで、見てみることにしました。(日本のNetflixで日本語字幕で見れます)

これを観ると食生活を誰もが変えたくなると思います!

『健康って何?(What the Health?)』ってどんな映画?

英語には「What the Hell?(何なの?)」という言葉が存在します。この映画のドキュメンタリーはその単語とかけて「What the Health?」となっています。

映画の内容はズバリ、病気になるのは食事が原因ということ。

Netflixでは映画の内容をこのように説明しています。

食物は健康と密接に関連し、深刻な病の原因にもなりうる。食の健康被害を追求し、医療、製薬、食品の各業界が抱える数十億ドル規模にも及ぶ問題に鋭く迫る。

https://www.netflix.com

そう…..つまり食事を気をつければ「病気にはならない」と言っているんです。

そして、その病気の原因は「肉食」という内容でした。

『健康って何?』の詳細

この映画のすごいところは、お医者さんや専門家が具体的に医学的な根拠や証拠に基づいて肉食が病気の原因だと明言していることです。

がんや病気の原因は肉食&動物性の乳製品で、人間はもともと植物だけ摂って生きていけることが医学的に証明されており、それを政府や組織は隠しているということ。

さらに最後に完全にヴィーガンになって2週間経った人たちがどれだけ体の不調や病気が回復したかを紹介しています。ヴィーガンになって、癌が治ったという人も出演していました。

海外セレブも『健康って何?』を勧めている

 

@wthfilmがシェアした投稿

このドキュメンタリー作品のことを、多くのセレブがサポートし、SNSで拡散。

Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)のモデルのベハティ・プリンスルーはインスタグラムに、

「みんなこの映画を見るべきよ。知識はパワー」

Behati Prinsloo instagram

と投稿しています。

ほかにも歌手のNE-YOや女優のシェイ・ミッチェルも『健康って何?』を見たとツイート。

あと、この作品は俳優のホアキン・フェニックスがエグゼクティブ・プロデューサーを務めています。ハリウッドスターはヴィーガンの人が結構多いですからね。

最先端のハリウッドセレブが言っているとヴィーガンになりたくなりますね。

感想

健康オタクの私は夢中になって見ました。

肉食が良くないというのは前から知っていたので。

でも、なかなか肉食をやめられないのが正直なところ。でも、このドキュメンタリーを見ると完全にヴィーガンになりたくなります。

それはやはり、医療的な根拠に基づいて肉食や動物性タンパク質がダメだと言ってくれているからです。私が最も納得したのは私たち人間の歯はもともと動物を噛み切ることができるような歯ではない。つまり肉を食べなくても生きていけるということというところでした。確かに。

癌治療や癌予防、オーガニック食品や美容品を紹介するブログKT Life Style

予告編