【アメリカの霊能力者(サイキック・ミディアム)はすごすぎる!】

(c)kogala

(c)kogala 私が初めてアメリカ人の霊能力者に見てもらったのは2012年。ロサンゼルスに2か月いた時に口コミサイトYelpで評価の高かったミディアム・フラーを見つけたのがきっかけで、リーディングにハマることになりました。これまでアメリカの霊能力者には電話やスカイプで8人ほど見てもらい、南アフリカの人が1人、日本人には3人ほど見てもらいました。たぶん合計10万円以上は使いましたよ。その中でも特にすごいと思った2人を紹介します!

ロサンゼルス在住のミディアム・フラー

Fleurさん(@mediumfleur)がシェアした投稿

ミディアム・フラーと歌手のラナ・デル・レイ

フラーは当時、ノラという名前で活動して、ホームページには4歳からすでに色んなものが見えたり、聞こえたりして、苦労したと書いてありました。若くてブロンドの綺麗な女性。予約をとったら、なんと2か月待ち。日本に帰国しなくては行けなかったので、2か月後に自宅に国際電話をかけてもらうことに。電話代はフラー持ちでした。メールでは名前しか伝えていなかったから、生年月日などは教えていないし、私の顔も見せていないけど、最初の5分で開いた口が塞がりませんでした!

フラーはかなり細かく私の未来を20分くらい話し続け、私はただ聞くだけ。人生のテーマ、将来住む場所、結婚など細かく具体的に……私にしか分からないようなことまで言われて、ビックリでした。ようやく質問はあるかと聞かれた時にはすでに大満足。一応聞きたかったことを聞いて見たら、かなりリアルな答えが返ってきて感動しました。兄のことも聞いたけれど、私にはピンと来なくて、本人に伝えてみたら、「こわい。すごい」と言っていたので、本物だと確信しました。 それから一年の間に、フラーの言っていたことが本当に起きました。リーディングをしてもらった直後もすごいと思ったけど、実際に起きるとさらにすごいという実感が湧きましたね。この経験の“せい”で「ほかの霊能力者は何と言うか聞いてみたい!」と思って、ハマってしまい、何人かに見てもらったけれど、やっぱりフラーが一番だと思いました。

ちなみに2年後にもう二度見てもらいました。亡くなった人と話すことのできるミディアムシップ・リーディング未来を見てくれるサイキック・リーディングを一回ずつ。ちなみに、1年待ちでした。今はアメリカのセレブの顧客もいるし、講演会やテレビ出演など、大成功を納めている様子です。テレビ出演をした時のがこれ↓You Tubeにはほかにも講演会の動画もあるので、参考になると思います。

 

ロサンゼルス在住のサイキック・レベル

サイキック・レベルという名前で活動しているけれど、本当はコルビーという名前。コルビーは2016年10月に見てもらいました。コルビーもYelpの上位で評価が星5つ。コルビーはラジオ番組もやっていて、他の霊能力者をゲストに呼んで、リスナーからの相談に応えてあげています。フラーもゲスト出演したことがあり、You Tubeで公開されていたラジオ番組を見て、本物そうだなと思って決めました。本物は本物と仲が良いので、フラーが出演している時点で確信はありました。

コルビーはスカイプで顔を見ながら。フラーと違ってかなり元気ハツラツで一緒にコミュニケーションをとりながら、見えることを言ってくれます。もちろん、年齢や自分のことは何一つ伝えていません。でも、いきなり自分の一番気になっていることを言われました!コルビーもフラーが言っていたところと同じ場所に住むこと、同じ特徴の結婚相手を言っていましたよ。この頃すでにその同じ予言に慣れすぎて、笑ってしまいましたよ。コルビーは話していて、とても楽しいし、フラーよりも早めの1、2週間で予約が取れました。最後にフラーの話をコルビーにしたら、「フラーはすごいでしょ?」って。フラーはほかの霊能力者の人もトップだって言っていました。 ロサンゼルス以外でも探したかったけれど、ロサンゼルスが一番霊能力者の人数も口コミ数も多かったので探しやすかったです。

ミディアム(Medium)とサイキック(Psychic)の違いって?

ミディアムは亡くなった人と話ができる人のこと。フラー曰く、すべてのミディアムがサイキックだけど、サイキックはミディアムではないらしい。サイキックは未来のことが分かる人で、亡くなった人とは話せないそうです。 アメリカの霊能力者の方はお値段もすごい。人気でなくても、160ドル(約1万8000円)くらい、人気の人は230ドル(約2万6000円)くらいで、時間は50分から1時間。でも、本物を見つければ、感動します。

それから、どの霊能力者の人も言うことだけれど、予言が本当になるかは自分次第だし、変わることもあるんです。私はそれを理解して、セラピーみたいな気持ちで、元気になるために見てもらっています。もちろん、違うことが起きても、自分の責任です。あと、言われた通りにしなくちゃいけないというストレスを感じることがあるから、アドバイスだと思って受け取るくらいが一番。だから、サイキック・ミディアムたちは未来の予言よりも、亡くなった人たちと話すことの方に力入れているように思います。

アメリカの霊能力者に見てもらいたい?本物の霊能力者の見分け方

アメリカでは自分のホームページに自己紹介などが書いてあって、小さい頃から聞こえたり、見えたりしていたという人は本物の可能性が高いです。それから、Yelpのレビューが5つ星の評価でも、必ずしもすごい人だとは限らないと感じました。口コミ欄に「She is nice and sweet(彼女は素敵で優しい)」という性格を中心に褒められている人よりも、「Wow! I was blown away!(すごい!度肝を抜かれた!)」という感動を表現された人の方が絶対に能力が高いです。 もっと皆さんが興味があれば、次回さらに詳しく紹介します。

Kogala

KOGALAについて
身長150cmで体重40kgの“小柄”、そのうえ童顔な私。海外ブランドの服や下着を選ぶのに苦労して、大人っぽく見せようと研究。ロサンゼルスの大学に通っていたので、ブログ名にはLAという文字を。カメラ女子。